パイプアースシステム
モノトーン社製

Our company performs only sale in Japan.

強くて軽く安価な、環境に優しい次世代の画期的な接地棒

パイプアースの最新タイプはここでダウンロードできます。


パイプアースシステム・ビットアース接地工法

 

パイプアース接地工法  (打ち込み式)    特許出願中

高耐食溶融めっき鋼板(ZAMR)をパイプに加工したガードパイプ接地棒の中に、ジェル状の接地抵抗低減材「ピージェル」を充填し打設する「パイプアース工法」は、新時代に向けての接地工事に於ける環境問題を第一に考え、従来工法の技術や工具の問題点を改善し、作業の効率化や安全性の向上、さらには大幅なコストの削減も可能となるエコロジーな簡易打ち込み式接地工法です。
【特長】
●優れた接地抵抗低減効果が得られます。
  ガードパイプ接地棒を打ち込む際の衝撃震動で、パイプ内に充填されたジェル状低減材「ピージェル」が先端のトップガードの吐出し口から流出し、トップガードとガードパイプの径寸法差の土壌との隙間に充填されるので、規定値の取得が困難な砂地などで、低減材を先端部まで注入できるので優れた低減効果が得られます。
  また、水と配合する必要のない、土壌に拡散されにくいジェル状低減材の「ピージェル」は、ひび割れすることが無く、接地極と大地を確実に繋ぐことができるので、優れた低減効果が長期間持続し、コストの削減になります。

●硬質な地盤にも威力を発揮します。
  先端に「トップガード」を使用することで、接地棒じたいにかかる土壌との接触抵抗が軽減され、小さな打撃で一箇所に深く打ち込め、地権者(土地所有者)の負担減少につながります。また、ガードパイプ接地棒(17φ)は、銅被覆接地棒(14φ)に比べて、軽いのに2.3倍の屈曲強度を持ち、トップガードは材質が強固で鋭利なため、硬い地盤に威力を発揮します。

●優れた耐食性と環境適合性。
  六角クロムを全く含まない高耐食性溶融めっき鋼板「ZAMR」をパイプ接地棒に使用すると、※RoHS、ELV等の環境規制への対応が可能となり、土壌汚染の心配も無く、接地極として長寿命化(エコ)を実現できる環境に優しい製品です。さらに、電食による接地対象物の金属腐食を抑制できる防食性能も有した強くて軽く、安全で安価な画期的な接地極です。

 

パイプアースシステムの材料・工具・低減材

上記Fのピージェルは下記荷姿に変わりました。

荷姿
PG-2000 (2L×3袋)  質量:6kg

・1袋(2L)で約3.4本分のパイプ(φ17)に使用できます。
・1袋(2L)でPジェル接地シート(下記参照)2m分に使用できます。
          材料・工具
No

品    名

用              途

トップガード 4箇所の穴から低減材を放出できるガードパイプ接地棒AZBに取り付ける硬質な部材。
ピンガード 低減材を使用しない場合、ガードパイプ接地棒AZBに取り付けて打ち込む同径の部材。
ガードパイプ
接地棒 AZ
六価クロムを全く含まない耐食メッキで加工したZAM(R)製接地棒で、トップガード@かピンガードAを装着して1本目として使用する。
ガードパイプ
接地棒 BZ
2本目以降、順次継ぎ足して連結できるように、テーパ加工を施した接地棒。
打設ピン ガードパイプ接地棒を損傷無く打ち込む冶具。
リードピン端子 ガードパイプ接地棒専用のカドミレス接続端子。
(リード線 22sq×300mm)
低減材
(ピージェル)
水のいらない高性能樹脂系接地抵抗低減材。
1箱(2L×3本)
打設棒(電動用) 電動用打設工具(30mm六角シャンク)・油圧用もあり。
打設ホルダー 打設棒Gの内部に装着・固定して、ガードパイプ接地棒を打ち込む工具。

ジェル状高性能・接地抵抗低減材「ピージェル」
 従来から接地工事に使用される低減剤は、その材料そのものがいくら優秀であっても、使用する人が水の配合を間違えたり、硬化する前に埋め戻したりすると、低減材の品質が均一に保たれないという問題がありました。
  モノトーン社は接地工事における作業所の問題点を改善する為と、経年変化防止の観点からジェル状接地抵抗低減材「ピージェル」を考案しました。
  高吸収性樹脂が主成分の環境に優しい「ピージェル」は、土壌に拡散されにくく少量で効果が発揮でき作業性に優れた今までに無い新時代の接地抵抗低減材です。

性能・特性
水との配合が必要なセメント系低減材の一箇所分(水との配合で9L)に対して、ピージェルはボトル1本(1.5L)で同等の効果が得られます。(モノトーン社の調査施工データによる)

◎水が不要
ピージェルは、水やバケツ等を用意する必要が無く、開栓してそのまま使用できてどんな条件でも手間がかからず、重量的にも作業性に優れています

◎低減効果大
ピージェルは、硬化しないので地震などに強く、土壌との電極の間に確実な電気的接続を作ります。従って低減効果が抜群で即効性・安定性に優れています。

◎長期間安定
ピージェルは、地中内での拡散や水分蒸発による空洞化、凝固によるひび割れの劣化も無く、低減効果を長期的に持続できるので、工事費の削減になります。

◎安全・無害
ピージェルは、土壌汚染に係わる環境基準に準拠して、溶出基準を満たし無公害で表示に薬剤の剤ではなく、材料の材を使用でき安心してご利用いただけます。

使用方法
ご使用前に低減材をよく振り混ぜてから開栓し、接地極に流し込んでください。
・パイプアースに使用する場合は、付属の注入ノズルを取付けて注入して下さい。

保管
・開線後余ったピージェルは、キャップで密栓して保存可能です。
・直射日光や高温多湿での保管はお避け下さい。
・長期間保存した場合に、無害な商品なのでカビが生じる事がありますが、低減効果や性能には影響ありません。

低減効果の比較
接地極:10mm銅被覆接地棒
施工場所:島根県(A-01)
地質:砂利玉石積

 

セメント系低減剤

ジェル状低減材
「ピージェル」

使 用 量

9L(低減剤+水) 重量9kg 2L(1袋) 重量2kg
深度 本数 接地棒単独 A社低減剤使用 接地棒単独 ピージェル使用
1.5m 1本 400Ω 240Ω 400Ω 230Ω

総評:
どんな場所でも抵抗値の差はほとんどありませんが、ピージェルの方が一箇所の使用量が少なくて、重量的にも作業性に優れています。
★上記データは、一般的に行われる接地棒を打ち込んで掘削穴に低減材を流し込む施工方法を、セメント系低減剤とピージェルを比較するために同一場所で行ったものです。
(セメント系低減剤は、仕様書に定める水量との配合(9L)で使用し、ピージェルは1袋(2L)使用しています。

 

活性不織布  Pジェル接地シート  P−3

ジェル状の接地抵抗低減材「ピージェル」を、より効果的に使用するために考案された「Pジェル接地シート」は硬質な地域や重要な埋設物で接地棒が深く打ち込めない場所で、接地板や埋設接地線に覆い被せて低減材を染み込ませるだけで、接地抵抗低減効果を高めることが可能となり大幅なコスト削減が可能となります。
特長
作業が簡単 → 低減材のピージェルを開栓してシートに染み込ませるだけなので、手間がかからず作業性に優れています。 コスト削減 → 低減材をシートに染み込ませることで、低減材の使用量を大幅に減らすことができてコスト削減になります。(低減率が大幅にアップ)
炭との融合 → 材質の活性炭入りの不織布は、炭と低減材との特性をより発揮させることができ、凝固によるひび割れがないため、長期間優れた接地低減効果が得られます。 安定性抜群 → 接地銅板や裸銅線に覆い被せて使用すると、より良い低減効果や安定性が得られ接地抵抗低減効果が長期間維持できます。
使用方法
1.埋設接地線に使用する場合は、2枚重ねの薄いシートを上にして接地線を挟み込み付属品のシートストッパーで両端を2箇所止めて、その上から低減材のピージェルを接地シート全体に染み込ませて使用します。 3.長さにおいては必要に応じて切断してお使いください。
2.接地板に使用する場合は、薄いシートを上にしてそのまま覆い被せ、ピージェルをシート全体に染み込ませて使用します。  

荷姿

PGS−3(200mm×1000mm・2枚入)
Pジェル接地シート2枚にピージェルが約2L程必要です。

品質表示

品  名:Pジェル接地シート PGS-3
用  途:設置工事の効果的な低減を図る目的で使用
サイズ:200mm×1000mm 2枚入り・2層からなるシート
材  質:活性炭ポリプロピレン不織布、アクリル

 MADE IN CHANA

 

ビットアース接地工法 (簡易削孔式)

【特長】
  ビットアース工法は、打ち込みが困難な岩盤や風化花崗岩等の硬地質で威力を発揮します。ビットアース工法は、パイプ接地棒の先端へトップビットを取り付け、ハンド削岩機で削孔し、引き抜かないでそのまま接地極として埋設する簡易削孔式ボーリング接地工法です。
  ビットアース工法は、一般に行われているボーリング接地工法の大型重機の設置、ロッドの引き抜き、接地棒の挿入等の作業工程が不要なため、作業時間が短縮されコストの削減が図れるだけでなく、重機の設営や搬入が困難な場所でも持ち運べて、広範囲な施工が可能となりました。
概要
打ち込み方法 ハンド削岩機による回転打撃式
作業可能範囲 コンプレッサーを搭載した車両から半径100mまで
対応地質 岩盤・オニマサ地質(軟岩)での施工に能力発揮
削孔深度 5〜15m(地質条件により変動)

 

材料・工具   作業手順
トップビット(TB-40)   削  孔 先端にトップビットを取り付けて削孔限界地点まで、ガードパイプの連結を繰り返す
ガードパイプ CZ(23φ×1000L)  
リードピン端子(22sq×500L)   低減材注入 低減材をガードパイプ内部及び土壌との隙間から充填する
接地抵抗低減材「ピージェル」  
ビットアース用打設棒   測定接続 規定値クリア、または必要な施工極数を算出する。規定深度でパイプを切断し、リードピン端子を取り付ける
ハンド削岩機(シャンク長83mm)  
コンプレッサー(25ps〜35ps)  

パイプアースシステムの
お問合せ & お見積り は下記にて行っております。


電設資材・計測器総合商社

rogo 三和電機株式会社

460-0007
名古屋市中区新栄3-10-11
インターネット受付FAX
FAX 052-251-8564
弊社の休日案内はここをクリック

ご質問等はFAX、下記メール、お問合せフォームよりお願いします。
電話でのお問い合わせはお受けできませんのでご了承下さい。

注意
カタログ手配及びメーカーの電話番号案内はお断りいたします。
もしご依頼いただきましても、ご返事はできませんのでご了承下さい。

お問い合わせフォーム及びメールアドレスのご案内

下記より三和電機の総合案内に入れます。

三和電機メインページ